過去の日記から(221)

数えてみよ主の恵み、私の体験記録(8)
私の罪のために、イエスは身代わりとなって十字架にかかって死んでくださった。
いまも私のためにキリストの血潮が流され続けているのに、その時の私は異常でした。
祈りは絶対聞かれるものと身勝手な判断をして、最善をしてくださるイエスを仰ぎ望まないで、悪態を叫び続けていました。
 

f:id:Shacho-no-Blog:20210615123706j:plain

 

過去の日記から(220)

数えてみよ主の恵み、私の体験記録(7)
福井県小浜市から大飯郡高浜町の事務所jまで、3箇所のトンネルを通過しなければなりません。
2カ所目のトンネルに入った時のことでしたが私は不思議な体験をしました、私の生涯で最も貴重なものとなっています。
トンネルに入ってからすぐのことです私の脳裏に「 カルバリーの十字架・わがためなり 」との賛美歌が聞こえます。
 
 

過去の日記から(219)

数えてみよ主の恵み、私の体験記録(6)
私が神様に祈るすべてが最悪の結果となったのです、何とも惨めな自分がここにいる、今後どのようにしたらよいのだろうか。
将来の不安が私をパニック状態に追い込みました、退院して自宅で静養中の親父に妊娠中の家内に知らせることをためらいました。
小浜病院を後にしたのは、1978/11./13/の2:00Am過ぎでした、
帰る車中でも私は何度も叫び続け、神なんか信じない、苦しみ、悩み、悲しんでいる私を見捨てられた。
 

過去の日記から(218)

数えてみよ主の恵み、私の体験記録(5)
被害者は救急車で小浜病院に搬送されました、私は神を信じ従ってきたのに、イエス・キリストを信じているクリスチャなのに。
お祈りは必ず聞かれると確信していたのに、何故おやじが末期ガン(胃)で家内は妊娠中で会社経営のことも大変な時期なのに。
神様の仕打ちは絶対許せない、クリスチャンなんてもうやめた、イエスも神もあるもんか、心の中で激しく叫んでいました。
数えてみよ主の恵み、私の体験記録(4)

過去の日記から(217)

数えてみよ主の恵み、私の体験記録(4)
私は何とも言えない不安に襲われた、福井県大飯郡大飯町の国道27号線で72歳の老人が自転車で急に右折し国道横断をして来ました。
軽四輪のバンに四人乗車していました、急ブレーキをかけてもまに合わず、転倒して国道路面で頭を強打してしまった。
脳内出血しているようで耳からも出血が見られるとの連絡でした、4人も同上していてどうして??。
 

過去の日記から(216)

数えてみよ主の恵み、私の体験記録(3)
私達は原子力発電所のある、福井県大飯郡高浜町に事務所を設けて、その裏(6畳2間の借家)で新婚生活をスタートしました。
結婚して半年が過ぎた頃で家内は妊娠していました、夕方6:00Pm頃に突然事務所に電話が入りました(1978/10/11/6:00Pm)。
交通事故を起こしたとの連絡でかなり動揺していました、軽四の箱車に4名の社員が同乗して帰宅途中のできごとでした。

f:id:Shacho-no-Blog:20210503100624j:plain

 
 

過去の日記から(215)

数えてみよ主の恵み、私の体験記録(2)
1073年にベンチャ-起業した会社の経営基盤も徐々に確立され、仕事量も豊富になっていました。
しかし当時の私は現場仕事が主体で、銀行関係などの資金面は親父にお任せだったのです。
会社経営のすべてが精神的負担となり非常に悩みました、手術は成功しましたが内蔵のあちこちに転移していました。
親父は3カ月後に無事退院しました。
 

f:id:Shacho-no-Blog:20210509105637j:plain