過去の日記から(253)

愛の架け橋(3)、子供がまだ小学校に行っていない頃。 6時頃でした、支払予定を立てるのに請求書のファイルをチエックしていましたが、何が原因か明確に覚えていないのですが。 無性に腹が立って家内と衝突して、思わず請求書のファイルを投げて仕舞いま…

過去の日記から(252)

愛の架け橋(2)、子供がまだ小学校に行っていない頃。 私は商売人で自営業でありますから会社業務でどんなに忙しく、苦しくても、人に恩がましく言わないし言う人には手伝ってもらわない。 と言う基本的な考えを強く持っていたのです、その時はどのような…

過去の日記から(251)

愛の架け橋(1) 子供がまだ小学校に行っていない頃でした、私と家内が激しく衝突して気まずくなったのです、その頃の私達は非常に忙しい毎日でした。 家内は子供の育児、家事全般、会社の事務、経理等々、一人三役で何をさせても素晴らしい能力を発揮して…

過去の日記から(250)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(26)最終編 1995年2月20日午前3時17分永眠した、お母さんに終りにしよう、もう終りや!と言ったそうです。 アメリカの手話で、アイラブユーを指で示し、天国に行ったのです、本当に頑張りました、本当に御…

過去の日記から(249)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(25) 帰り際に再度彼に伝えました、私は床について休む前にいつも感謝の祈りをしている。 自分が今日も生かされたことに感謝し私に関係するすべての人達が守られたことを感謝している。 今日から山ちゃん(仮名)のため…

過去の日記から(248)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(24) 自宅の妹さんに電話して、2月12日(日)聖日礼拝が終了する、午後には病院に行くことを伝えました。 教会での各部例会が終わりすぐ家内と病院に駆け込みました。 多量の輸血、ここ数日間で2000ccと言わ…

過去の日記から(247)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(23) ある日の朝、高浜支店の私の机の上にきちんと整理された図面と書類が完成しておいてありました、あわせてしばらく自宅で休みたいと書いてありました。 それから数日後に再び彼は入院しました、私は朝のミーティ…

過去の日記から(246)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(22) 社員にもありのままの症状を知ってもらいつつ協力を願っていました、でも阪神大震災の影響もあって、国道27号線の渋滞は彼には非常に苦痛となりました。 舞鶴・高浜間が普通20分の所要時間ですが、当時は国…

過去の日記から(245)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(21) 肺の中の水を抜き去り、点滴をしてガンと闘い負けなかった彼は、本当に奇跡的に退院をしたのです。 この時期には社内で彼は再び会社へ復帰することは無理であろうと語っていたのです。 1995年2月6日~199…

過去の日記から(244)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(20) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生)国立舞鶴病院 自分の死を直前にしている彼に私は、山ちゃんと(仮名)このような話しをしていることは、普通では考えられないことをお互い話していると思うのだが…

過去の日記から(243)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(19) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生)国立舞鶴病院 自分の死を直前にしている彼に私は、山ちゃん(仮名)とこのような話しをしていることは、普通では考えられないことをお互い話していると思うのだが…

過去の日記から(242)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(18) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生)国立舞鶴病院 でも山ちゃん(仮名)、自分の意識がはっきりしていて自分にそのように意識付けできる場合はそれで良いと思う。 しかし、死とは、その意識すら取り去…

過去の日記から(241)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(17) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生)国立舞鶴病院 彼は自分の人生哲学をもっていて、他の人達にも充分な説明ができました、その考え方に精神力に感心させられました。 自分の魂は、遺伝子を通してす…

過去の日記から(240)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(16) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生)国立舞鶴病院 私は語るときはこの時だと思ってその後に、喫茶店で3時間ほど話し合いました。 山ちゃん(仮名)、何故レントゲンが受けれないのか、胸の中にしまっ…

過去の日記から(239)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(15) 1955年11月18日~1955年1月16日(3回目の闘病生活)国立舞鶴病院 社員全員に対して健康診断を受けるよう朝礼で指示して、あわせてレントゲン検査も受けることの指示をいたしました。 みんなが事務所より出てい…

過去の日記から(238)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(14) 1955年11月18日~1955年1月16日(3回目の闘病生活)国立舞鶴病院 肺炎になって、苦しくて歩くことすらできません、必至になって出社してくる彼が痛ましかった。 健康者と同じ扱いで仕事がしたい、と常々私に懇…

過去の日記から(237)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(13) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生)国立舞鶴病院 びっくりしたのは周囲の人々でした、その精神力に感心をしたとのことです、彼はこの頃から死に対して進行している自分を100%現実として受け入…

過去の日記から(235)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(12) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生)国立舞鶴病院 それら個人・個人の集まりが会社という組織となり、大きな力となる、だから最終的には個人主義はある意味で、悪ではないだろう。 癌と闘っている山…

過去の日記から(234)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(11) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生活)国立舞鶴病院 会社の中で私に対して、会社のために働いているのに、という人がいた場合、一番頭に来る言葉だ!。 自分のために働くのであって、会社のためとい…

過去の日記から(233)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(10) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生活)国立舞鶴病院 主治医が、あなたの会社名を教えてくださいという問にたいして○○会社です、とゆるやかな反応を示したそうです。 奥さんと子供達がその反応を見せ…

過去の日記から(232)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(9) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生活)国立舞鶴病院 いろんな話しをした、その時のテーマはこうです、ある朝日新聞の社説欄を読んで非常にショックを受けたことがあります。 それは私の会社と職種が同…

過去の日記から(231)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(8) 1994年8月29日~1994年10月11日(2回目の闘病生活)国立舞鶴病院 私はガンの活動が再び激しくなったと思いました、ちょっとでも塩分があると激しく痛み食事は流動食となります。 転移が口へ喉へ肺へとひろがってき…

過去の日記から(230)

数えてみよ主)の恵み、癌と闘った社員(7) 1993年10月13日~1994年3月10日 (闘病生5カ月間)国立舞鶴病院 1994年3月11日、元気で職場へ復来しました、それから6ケ月間は仕事をしました。 当時は私も癌と喧嘩しないで仲良く生活できるかも知れないと思った…

過去の日記から(229)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(6) 1993年10月13日~1994年3月10日 (闘病生5カ月間)国立舞鶴病院 癌があり、手術では完全に取れなかったそれが口へ、喉へ、肺へ、転移していることを教えてもらった、物凄いショックを受けました。 数日後に山ちゃ…

過去の日記から(228)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(5) 1993年10月13日~1994年3月10日 (闘病生5カ月間)国立舞鶴病院 山ちゃん(仮名)私はクリスチャンだ、早く元気になるよう祈っいるからと伝えました、手術が終って4日目に見舞いに行きました。 何故なら不安と心…

過去の日記から(227)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(4) 1993年10月13日~1994年3月10日 (闘病生5カ月間)国立舞鶴病院 局部的にコバルト治療をしてもその菌は周囲に散るだけで再びリンパに集まる、同じ周期で高熱を繰り返すのです(40度程度の熱)。 そのことが今心…

過去の日記から(226)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(3) 1993年10月13日~1994年3月10日 (闘病生5カ月間)国立舞鶴病院 私はその原因をハッキリ知っている、でも口にだして良いものか否か迷っているのです、でも話すことにしました。 独立前の私は国立舞鶴病院施設会計…

過去の日記から(225)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(2) 1993年10月13日~1994年3月10日 (闘病生5カ月間)国立舞鶴病院 1993年10月11日、この日に彼が担当している数件の現場を私と廻る予定でした、現場に立会い説明を受けて引継ぎをしました。 その後の車中で病気のこ…

過去の日記から(224)

数えてみよ主の恵み、癌と闘った社員(1) 1993年10月13日~1994年3月10日 、国立舞鶴病院入院(闘病5ケ月) 私は茂君(仮名)より10月13日から国立舞鶴病院で検査入院すると聞いたのは、その10日前だと思います。 彼は首と顔の下(アゴの下の所)、耳寄り…

過去の日記から(223)

数えてみよ主の恵み、私の体験記録(10) やるせない自分の思いを神様にぶつけていました、傲慢で信仰のかけらもない私でした。 信仰さえしていれば、教会生活と奉仕だけしていれば万事が上手く行くとの御利益的信仰だけの自称クリスチャンだった。 しかし、…